行政書士の役割

行政書士は、明治の時代から国民から依頼を受け行政書類の作成を通じて行政手続きを代行、代理してきました。弁護士、税理士等の士業の中で行政手続きのスペシヤリストとして国民の支援を行ってきたのです。

行政不服審査法、行政手続法、行政書士法が改正され行政書士は行政不服申立代理人資格が与えられました。行政不服申立ては、行政の不正から国民を救済する制度です。その国民救済制度の国民側代理人の資格者に行政書士が認められたことは実際に許認可等業務を一番多く取り扱う行政手続きの専門家として当然の改正と考えます。

行政書士は、行政手続きの事前において国民の支援を行い、紛争が発生した事後にも国民の支援を行う、すなわち、行政手続の事前に国民の権利利益(利益便益)の保護を、事後に国民の権利利益(利益便益)の救済に貢献することとなったのです。

 

※ 本ホームページ全部又は一部の転載、転用を禁止させて頂きます。

テキストのコピーはできません。